追加料金について

エアコン

エアコン業者に取り付けや取り外しの依頼をする時に予想もしていないような追加料金が発生することがあります。
そのような場合、いざ発生すると予算が足りなく困ることがあります。
そこで、事前にどのような場合に追加料金が発生するのか知っておくと安心することができます。

まず、よくあることが、エアコンの設置場所を変更することで、配管の長さが足りなくなることです。
以前使用していたエアコンの設置場所より短い距離だと配管の長さを心配する必要はありませんが、少し距離がある場合には配管の長さが足りなく、交換しなくてはいけない時があります。
また、配管を通すための穴を壁に空ける時です。

このようなことがないように事前に確認することが重要です。

オトクにするためには

作業中

エアコンを引っ越ししたり、新しくエアコンを買い替えした時には今あるエアコンを取り外して、新しいエアコンを取り付けしなくてはいけません。
そこで、業者に依頼して工事をしてもらうことが一般的ですが、日曜大工が得意で、何でも自分でやりたい方はインターネットで検索するとエアコンの取り付けや取り外しの作業の手順などについて紹介しているものをカンタンに見つけることができます。

では実際に業者に依頼するのか、自分でエアコンを取り付けしたりするのかどっちがいいのか、比較して紹介します。

自分でエアコンを取り付けと取り外しすることは専門的な工具や部品を調達しなければいけません。
もちろん、日曜大工で使う工具も必要で、さまざまなものを準備します。
特に専門的な工具や部品は揃えることが困難な場合もあります。
最近ではエアコンの移設用にレンタルでこれらのパーツを貸し出している企業もあります。
自分でエアコンを取り付けする場合には大体で5万円以上はかかり、時には10万円近くになることもあります。
取り外しをする場合には高くても1万円以内ですることができます。

時間は業者と比較すると自分でやる場合にはだいぶ時間がかかリます。
理由は間違えるとエアコンが故障してしまうこともあり、ゆっくり慎重に作業をしなくてはいけません。
また、配管を通す時の穴を空ける作業はとても時間がかかることがあり、途中で断念してしまう人もいるほどです。

専門業者に依頼することで、料金は意外に安く抑えることができ、追加の工事がない場合には取り付けの場合だと3万円ほども安くなります。
ですが、追加の料金が発生することもあるので、注意しなくてはいけません。
専門業者に依頼することで、取り付けの時間は長くても2時間では終わり、取り外し約30分で終わることもあります。
配管を通すために穴を空ける作業は業者に依頼しても時間がかかることが多くゆっくり待つしかありません。

メリットについて

取り外し

エアコンを移動する時に業者に依頼する一番のメリットは取り外し、取り付けをする時でも故障が少ないこと、さまざまな問題に対処してくれることです。
引っ越しを考えている時にはよく、エアコンの移設を引っ越し業者についでだからといって任せることが多いですが、引っ越し業者は荷物を運ぶことを専門としています。
よって移動することは上手くできても、その後正常にエアコンが動作するのか、アフターサービスなどはないことが多いです。
そのようなことを考えると、やはり、アフターサービスもしっかりしているエアコン業者はさすがプロです。

よいエアコン業者は移設したエアコンを設置する時にもまた、移設する可能性があることを配慮して取り付けしてくれるので、次にエアコンを移設する時にやりやすくなり、先のことまで考えて行動してくれます。

エアコン専門の業者に依頼する時に注意することを紹介します。
まず、依頼をする時にしっかり情報をエアコン業者と共有することが重要になります。
ポイントはエアコンに大きさと台数をしっかり伝えること、なるべくそのエアコンの型番なども把握しておくといいです。
次に現在のエアコンの室外機と室内機が設置されている場所について詳しく伝え、移設後の場所についても考えておくことが大事です。

このように細かく工事の条件について伝えることで、失敗しないエアコン移設をする確率を高くします。

カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031